医師賠償責任

当組合での団体契約(20%割引適用)は、下記の賠償責任の範囲で対応。

最も多い加入タイプ

診療所契約(日医A会員)1-100Aタイプ 保険料年間7,080円
 医師賠償   1事故100万円/総保険金額300万円
 施設管理賠償 1名1億/1事故5億 財物1000万円


勤務医師契約 100型 保険料年間40,664円
 医師賠償  対人1事故1億円/対人1年間3億円

本損害賠償保険の範囲

診療所契約(日医A会員)の場合

医療上の事故

大森医師協同組合団体医師賠償
100万円までの医療上の事故

日医A会員は自動的に加入
日医医賠責保険基本
1事故1億円
免責100万円


プラス+施設・管理上の事故

大森医師協同組合団体
施設・管理上の賠償責任保険

医療事故のお支払例
  • 診察時のミスによる病気の見逃しのため重大な病気になり補償を求められた。
  • 誤った方法による注射で腕がしびれ、腕があがらなくなった患者から休業補償を請求された。
  • 転倒した患者の骨折を見落とし、治療が遅れたことの補償を求められた。
  • 大腸内視鏡検査の最中、患者の大腸を穿孔してしまい、開腹手術が必要になった。
施設や管理上の事故によるお支払例
  • 患者が電気コ-ドにひっかかり転倒し、骨折してしまった。
  • 自転車を業務に使用中に通行人にぶつかり損害賠償を受けた。
  • 診療所、病院建物内の給排水設備から水漏れし、階下のテナントに損害を与えた。
    (修理費・休業補償等の賠償金)
  • 看板が落ちて通行人に当たり大ケガを負わせた。
  • 患者を連れて屋外散歩中、管理が十分でなかったため患者が自転車とぶつかり骨折した。

グループ生保

グル-プ生保加入

全国の医師団体だからできる大型補償の実現
病気・災害による死亡補償を補償
医師の審査なく、告知書のみで簡単に大型補償を得られます。
毎年収支計算を行い、剰余金の配当金が期待できます。


<一般社団法人日本医師休業共済会>
本年6月1日スタ-ト

<一般社団法人日本医師厚生会>
本年9月1日スタ-ト予定

6,000万円+8,000万円=1億4,000万円

※法人受取の場合、全額損金処理
※受取人特定でき、ベストな相続税対策実施可能

共済(JMC厚生会)

休診共済(休業補償)
  • 休診共済

ほとんどすべての病気やケガで就業不能になったときに先生の休診時の医業収益を補償いたします。

JMC厚生会 医師のみに限定(最高繍償領63万円/月額)

休診共済

■病気5日目より、災害1日目より給付。

■満89歳まで新規ご加入ができます。

■医師の審査不要

■医師の指示による自宅療養期間も含めて保険金が受け取れます。

■一疾病一傷害180日限度、通算800日まで補償します。

生命共済
  • 生命共済

JMC厚生会 医師およびその家銭に加入を限定

休診共済


■75歳まで新規ご加入できます。

■医師の審査不要

■低廉な掛金 告知数最小

損害保険・生命保険 (全国団体割引適用へ)

損害保険

損害保険

生命保険サービスのご案内

お気軽にご相談下さい。

  • 生命保険
生命保険

保険集金代行

保険集金代行サービス

現在の生命保険を団体扱いへ切り替え 割引保険料適用へ

生命保険 団体扱い可能生命保険会社